予定外の出費がある月は学生にはつらい

一人暮らしをしていると毎月の出費はだいたい予想がつきます。家賃、食費、水道光熱費、携帯料金、交通費、など。それ以外の出費が急に出てくるととても困ります。

冬になると水道光熱費もそれなりに上がります。なるべく節約したいとは思っていますが、来客が来ているとそうはいかないのが本音です。貧乏な生活をしていると思われたくないですし、心配もかけたくありません。かといって、これ以上仕事を増やしたくもありません。

急に友達から遊びに行こうとかご飯に行こうと言われると、なかなか断れません。付き合いが悪いとも思われたくありません。遊びに行ってカフェでお茶をするだけでも日頃から節約している私にとってはとてもイタイです。なんとか、安い食材を買って食費を削るしかありません。

美容室は節約することにしました。切れるところは自分で。携帯は格安スマホで。野菜と米は実家で調達。服はリサイクルショップ。何か欲しいものがあったらまずは、100均ショップへ見にいく。リサイクルショップに見にいく。

自分の体調などで仕方なくしごとバイトを休まなければいけなくなったときも、給料が減るのでとても困ります。それは、自己管理がなってないということなのですが。その時に、収入内で生活費に当てなければいけないので、とても大変です。

やはり、急な出費は交際費が多い気がします。コンビニに行って、友達がコーヒーを飲もうと言われれば、たかが一杯100円かもしれませんが、積み重ねていくと1000円、2000円となっていきます。自分に断る勇気が欲しいと常々思います。

親にはいつでも頼ってと言われますが、最低限でしか頼りたくないので、大丈夫とは言っていますが。内心、キツキツです。学生にもお金を貸してもらえるんなら、お金を借りたくてしょうがないですね。(※学生でも借りれるカードローン※安心できるおすすめの金融業者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です